大宮といえば鉄道の街!鉄道博物館新館をリポートします!

7月にリニューアルオープンした鉄道博物館
コワーキングスペース24のある大宮駅からはニューシャトルで1駅。
もう皆さんは新しくなった鉄博に行かれましたか?
我が家は、電車好きな2歳の息子と、公園に行く感覚で毎週のように鉄博に遊びに行っています。
今回は、鉄道博物館の新館(南館)にスポットを当て、魅力をリポートいたします!

鉄道博物館の南館には何があるの?

南館1階に入ると、まず目に飛び込んでくるのは、実物大E5系新幹線と400系新幹線です。
広々としたスペースにドーン!!と2台の新幹線が並んでいる様は圧巻です。

子どもはもちろん大はしゃぎで走り回り、大人は記念撮影に必死になっています(笑)
400系には実際に乗って座席に座ることもできます。
もう引退している新幹線なので、一度は座ってみたいですね。
新幹線の右方向には体験ができる券売機と改札機が設置してあります。
子どもたちはカードをかざして「ピッ」と言いながら何度も改札を通っています。
切符を買う体験ができるのは時間が決まっていますので、やってみたい方はお時間に並んでみてください。
切符は持ち帰れるので、良い記念になりますよ。
車掌体験ができたり、点検に使う道具の体験ができたりする「仕事ステーション」もありますが、2歳の息子はまだできないので、もう少し大きなお子様はもっと楽しいと思います。
この南館を抜けると、てっぱくひろばがあります。
ここは外なので、雨の日は遊べませんが、お天気の良い日は子どもたちが思い思いに楽しんでいます。
しかも、さすがは鉄道の街大宮!いろんな電車が走っているのが見えるので、電車好きにはたまりません。
たまにレアな特急が来たり、普段大宮を走ることはない車両点検中の電車が停まっていたり、運が良ければSLにも遭遇できます!

広場には、E7系新幹線モチーフの滑り台、イーストアイやE3系新幹線などのスプリング遊具があり、その周りをミニはやぶさ号が走っています。
有料で順番待ちですが、けっこうなスピードで走るのが楽しいので、一度は乗ってみる価値ありだと思います!
(残念ながら冬期休業みたいなので、春までご辛抱…)

南館の2階には、「未来ステーション」と「仕事ステーション2F」があります。
「未来ステーション」は、未来の鉄道がどうなっているか、アニメーションの中で疑似体験ができたり、学習できるスポットです。
「仕事ステーション2F」には、新幹線・在来線の運転シミュレーターがあります。
また、E5シミュレーターは小学生以上で整理券が必要になりますが、E5系の最高速度320km/hを体験できるとのこと。
息子ができるのはまだまだ先ですが、私が体験してみたい!と思ってしまいました。
南館3階は「歴史ステーション」になっています、
時代ごとに電車がどう変わっていったのか、とても勉強になるので、小学生の自由研究などに良いかもしれません。
じいじ、ばあばは懐かしい気持ちで、子どもたちは新鮮な気持ちで楽しめそうです。
4階はビューレストラン!
メニューはシンプルですが、何と言っても、眺めが最高です。
新幹線も間近で見られるのですが、ちょっと見下ろすような感じになるので、本当に窓際でないと、食べながら見ることは難しいのです。
私たちも開店して結構すぐ向かったのですが、窓際は取れず、4人テーブルに相席させてもらっちゃいました。
新幹線が通ると子どもたちが歓声を上げて喜んでいました。
外は「トレインテラス」という見晴らしの良い展望スペースになっています。
新幹線はあまり見えませんが、在来線はよく見えます。
息子の大好きな貨物列車もたくさん見えました。

まとめ

今回は南館のみにスポットを当ててみましたが、鉄道博物館の魅力はまだまだ語りつくせません。
ぜひ実際に足を運んでみてくださいね!

コワーキングスペース24大宮は、託児所と提携しておりますので、我が家のように子育て中の方も、安心してご利用いただけます。
PC作業や趣味のお時間にもぜひご活用くださいませ。
コワーキングスペース24のHPはこちら👉https://coworking24.jp/
鉄道博物館のHPはこちら👉http://www.railway-museum.jp/